HOME>記事一覧>日本の風土に適しているため多くの人に選ばれている建材

目次

日本の風土に適している

畳

日本は、湿度が高い国でもあり、湿気の多い場所はカビも発生しやすくなります。しかし、畳を使うことで、適度な湿度になって、カビを防ぐ効果が期待できます。最近の日本の家は、吸放出する材料を使わず作られているケースが多く、過度な乾燥状態になったり、多湿状態になったりしやすいです。畳を部屋に使うことで、適度な湿度を保ってくれます。

夏は涼しく冬は暖かい

畳が人気がある理由の一つが、断熱性や保温性に優れていることです。フローリングは、夏になると床が熱いと感じたり、冬は冷たいと感じたりすることが良くあります。しかし、畳ではフローリングほど感じない人も多いようです。これは、畳の断熱性や保温性が関係しています。夏や冬では、冷暖房器具を使うことになりますが、断熱性や保温性が高いことで、夏は涼しく、冬は暖かい部屋で過ごすことができます。この点が多くの人に選ばれる理由でもあります。

安全で快適な環境が作れる

畳の特徴に、柔らかさがあります。フローリングのような硬い場所で転ぶのと、畳の上で転ぶのとでは、痛みも大きく異なることでしょう。柔らかさのある畳の上なら、子供も安心して遊ぶことができます。また、この柔らかさは、音を吸収する働きもあります。硬いモノは音が響きやすいです。そのため、畳を使用することで足音の軽減にもなり、マンションなどの集合住宅にも最適です。

広告募集中